美肌のためのレーザー治療最前線!

美容雑誌で気になり、何の気なしに始めたフォトフェイシャルですが、クリニックに行ってみると、他にもたくさんの治療法があることを教えてもらう事ができました。

フォトフェイシャルは、肌の悩み全般に効果的で、ダウンタイムが短いので、誰にでも挑戦しやすいということで注目されていますが、現在はレーザー治療の技術も昔に比べて格段に進化しているとか。ダウンタイムが長期化する覚悟で真剣にシミに取り組むなら、本格的なレーザー治療も視野に入れてみるのもアリかな、と思います。

私の場合は、そこまで根深いシミなどがなく、フォトフェイシャルで十分な効果がでましたが、先生によると、症状によってはフォトフェイシャルだけでは満足行く効果が出しにくいものもあるようです。

そこで、このコーナーでは、いま注目の最新レーザー治療をピックアップして、それぞれの特徴をわかりやすくご紹介することにしました。 

自分に合った美肌治療を見つけるよう

肌に悩みがあるなら、まずフォトフェイシャルをお勧めしたいところなのですが、体質によっては受けられない方もいるようです。また、特殊技術が必要となる肝斑には、照射しても効果が得られないどころか、ヤケドや色素沈着を起こすリスクも高くなるとか。

自己診断ではなく、信頼できるクリニックの先生に、しっかり診断してもらい、自分の体質や肌質に合った治療法を提案してもらう事で、安心して美肌づくりに取り組みましょう。

安くないお金を払うのですから、治療がトラブルの元になっては悲しいですものね。美肌効果を最大限に感じるためには、自分に合った治療法を見つける事が、何よりも大切です。経験上、ひしひしと感じます…。

レーザー治療のメリット&デメリット

上にも書いたように、フォトフェイシャルはダウンタイムがほとんどありません。それでも、出力を上げたりすると、まれにヤケドっぽい症状が出てしまう事もあると聞きます。

最も肌に負担がないというフォトフェイシャルでもそんな状態なので、強いレーザー治療になればなるほど、ダウンタイムは長く、症状も強く出てしまうことになります。接客業で人前に出なければならない方には、だいぶハードルが高いかな…という感じの治療もあります。

また、費用面でもかなり高額な治療になるものもあります。その分、効果は出やすいそうですが、必ずしも全員が全員、治療で満足行く結果が出るわけではないようなので、この辺りも治療を受ける前にしっかりと確認しておきたいですね。

医療である以上、デメリットもリスクも全くない!とは言えないと思うので、デメリットもしっかりと確認した上で治療に望むのがベストです。その辺りの事も調べてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コンテンツ一覧