Qスイッチ

Qスイッチは、様々な種類のシミ、あざ、タトゥーやアートメイクの除去に効果的なレーザー治療です。

既存のレーザーをベースとして、別の状態のレーザーを発生させることができるQスイッチモードを搭載した機器により、この治療を受ける事ができます。メラニンに吸収されるレーザーで、照射時間が短時間で済むため、皮膚へのダメージが最小限に抑えられるというメリットがあります。

従来のレーザーでは周辺組織も熱によるダメージを受ける事がありますが、目的の部分だけを照射し除去できるので、シミ、あざ、アートメイクの除去に効果的な治療として注目されています。

出力の波長を広い範囲で調整できるという特徴もあり、浅い色素沈着やシミ、深層まで及ぶあざやタトゥーなど、幅広く対応できる治療法です。

Qスイッチの種類とその効果

Qスイッチレーザーには、次の3種類があります。

この3種類のレーザーの主な違いは、波長と原理にあるようですが、ちょっと専門的な話になってしまうので、効果に的を絞ってご紹介すると…。

このように、同じQスイッチレーザーでも、種類によって多少得意分野が変わります。治療をする際には、クリニックでしみやあざをしっかり診断してもらい、症状に合ったQスイッチレーザーを選ぶことがベストのようです。

Qスイッチレーザーの副作用とデメリット

レーザー照射には痛みが伴うため、症状や照射の範囲によっては、麻酔クリームや注射の麻酔を使用する場合もあります。

Qスイッチレーザーの治療後は、一時的に、照射部位や周辺に赤み、ほてり、腫れの症状が出る場合があるようです。また、照射を受けたしみやほくろが反応し、赤みを帯びて濃くなったように見えてしまうとか。

これを過ぎると、1週間程度でかさぶたになってはがれ落ちます。この時、レーザーの熱による炎症後色素沈着という症状が起こります。これは再発や治療の失敗などではなく、必ず起こる症状です。

個人差がありますが、症状がおさまるまでには、約3ヶ月~半年ほどかかるそうです。

コンテンツ一覧