ニキビ・ニキビ跡の原因と対策

ニキビの原因は種類によって異なり、また対策方法も様々です。無理につぶそうとしたり、間違った治療をしたりしてしまうと、皮膚の凸凹や色素沈着などのニキビ跡として残ってしまいかねません。ニキビやニキビ跡についての正しい知識を身につけ、原因と対策について学んでいきましょう。

ニキビ・ニキビ跡の原因と対策

症状が進行している度合いの順に、ニキビの原因・対策について紹介していきます。

白ニキビ

原因…毛穴の入り口が角質によって塞がれてしまったときに、分泌された皮脂が排出されず停滞し、白い盛り上がりとなって現れます。ファンデーションやコンシーラーを多用する方に多いようです。

対策…雑菌が繁殖してしまう可能性があるので、むやみに触ることはNG。毛穴用のパックなどで毛穴汚れを取ってあげると効果があるようです。

黒ニキビ

原因…白ニキビの原因のように、塞がれて行き場をなくした皮脂が、無理やり毛穴を広げて排出されてしまうことで発症。毛穴が開いたことによって、詰まっている角質や皮脂が空気に触れて酸化するため、黒ずんだようなニキビになります。

対策…指で押し出しそうとすると、色素沈着になってしまうことがあるので、むやみにいじらないようにしましょう。対策としては、洗顔を続けることです。また、皮膚科でフォトフェイシャルなどの治療を受けると改善することがあります。

赤ニキビ

原因…白ニキビ、黒ニキビと同様に、毛穴の詰まりによって発症。赤ニキビは中でも症状が重く、触れると痛みを伴うことがほとんど。これはニキビとその周辺の皮膚が炎症を起こしているためです。炎症を起こす原因として、最近よく耳にするようになった“アクネ菌”が関係しているといわれています。

対策…赤ニキビは、そのまま放っておくと悪化して黄ニキビになってしまったり、ニキビ跡や色素沈着になってしまう可能性もあります。対策としては洗顔やニキビ専用の治療薬を使用することです。フォトフェイシャルでは赤ニキビの膿、皮脂の汚れを改善する効果もあるので、本気でお悩みの方は皮膚科の受診も視野に入れておきましょう。

黄ニキビ

原因…赤ニキビがさらに悪化し、先端に膿が溜まってしまうことで黄ニキビとなります。またの名を「化膿性ニキビ」といい、ニキビの中で最もひどい状態です。

対策…炎症を起こしている上に化膿しているので、放置していてもなかなか治らず、悪化してニキビ跡になってしまうこともあります。対策としては、皮膚に優しい石鹸などを使用して、できるだけ清潔に保つことです。黄ニキビの場合、セルフケアでは症状を改善させることは難しいので、皮膚科を受診してみることをおすすめします。

コンテンツ一覧