肌のたるみ・しわの原因と対策

このページでは、年齢肌の最大の悩みである、「肌のたるみ」「しわ」について、できる原因と対策・予防方法などを紹介します。

肌のたるみ・しわができる原因

顔のたるみやしわの原因は年齢によるものばかりとは限らず、紫外線や乾燥、まちがったスキンケアなどさまざまです。小さなしわやたるみを見逃しているといつのまにか大きく深いしわやたるみになってしまうことも…。
しわやたるみは自然に消失するということはまずないので、初期のケアが非常に大切です。

筋肉の老化が原因のたるみ・しわ

顔には目、口、鼻などを動かす表情筋という筋肉があります。表情筋は非常にたくさんあり、それが複雑に作用しあって人間の複雑な表情を司ります。また、この表情筋は皮膚や脂肪などを支える役割も担っているので、この筋肉が老化して動きが悪くなると皮膚のハリが失われ、たるみやしわの原因になります。

紫外線が原因のたるみ・しわ

皮膚の奥深く真皮層というところには、コラーゲンやエラスチンという物質が皮膚の土台をつくり、肌のハリや弾力を保っています。
ところが紫外線UV-A波は真皮層まで届き、このコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまいます。傷ついたコラーゲンやエラスチンはハリを失い、結果的に皮膚表面のたるみやしわを作ってしまいます。

乾燥が原因のたるみ・しわ

肌が乾燥すると潤いがなくなるので、細かなしわが出来やすく、肌の表面がカサついたりつっぱったりします。このような乾燥肌の状態をそのままにしておくと、細かい乾燥しわが増えてつながり、そのうちに太いおおきな目立つしわに育ってしまうのです。とくに乾燥肌の人は、若いころから早めに乾燥対策をすることが必要です。

表情のクセが原因のしわ

人には誰でも表情にクセがあります。イライラしている時、まぶしい時、見えにくい時などにできる眉間の縦じわ、眉毛をあげる時にできる額の横じわ、笑ったときの目じりの笑いじわ…。
表情によってできるしわはとても感じが良く好ましいものもありますね。ですが、長い間何度も同じ表情を繰り返すことで、その表情じわが元にもどらなくなり皮膚に記憶され、深いしわになってしまうことがあります。

急激ダイエットが原因のたるみ・しわ

1か月に5キロ以上も痩せるなど、急激なダイエットを行ったために顔のたるみやしわが増える事があります。人間が太る時は、脂肪の蓄積とともに皮膚も広がりますが、急激に脂肪が減っても皮膚はすぐに縮むことはないので、皮膚はたるんでしまいしわになってしまいます。

間違ったスキンケアが原因のたるみ・しわ

マッサージやスキンケアはお肌を良い状態に保つために大切なことですが、力をいれすぎたり長時間やりすぎたりというような間違ったケアがしわやたるみの原因となってしまうこともあります。長い時間ゴシゴシこすったり、思いっきり力を入れてフェイスリフトを繰り返すのはお肌にとってかなりのダメージとなります。

コンテンツ一覧